男の脱毛,脱毛法,メンズエステ,永久脱毛,レーザー脱毛
スポンサードリンク

髪の脱毛・薄毛

男の髪の脱毛

今までは脱毛といってもむだ毛の方の脱毛を取り上げてきたが
今回は髪の毛の方である。
男で抜け毛・脱毛の悩みを抱えている人多いのではないだろうか。
では髪はなぜ抜けるのか?そのメカニズムを知っていますか?
脱毛といっても、年齢や状態によって種類はいろいろです。
一般的なものは、 症候性脱毛 結髪性脱毛 円形脱毛 若年性脱毛 などがあげられます。

この中で特に深刻なのは、たぶん多くの男が関心あると思う若年性脱毛ではないだろうか。
これは、本当なら成長期にあるべき毛母細胞が正常に働かず、髪が本来の寿命をまっとうできずに抜け落ちてしまうというもの。 毛根自体が小さく、弱々しく、頭皮にしっかりと根を張っておらず、当然髪の成長もかなわず、様々な負荷のため細く柔らかいうちに抜け落ちてしまうのです。


【あなたの髪をチェック!】
ここで、抜け落ちたあなたの髪を1本探してきて、チェックしてみてください。

正常な毛根で自然に脱毛した髪の毛の毛根は、根本がふくらんでいます。
逆に若年性脱毛で抜けた毛根は、根本付近にいくほど細くなっています。
さて、あなたはどちら? もし後者のようなら、真剣にヘアケアに取り組む必要がある。
育毛などの専門家に相談したほうがよいだろう。


では、なぜ若年性脱毛が起こるか?
正しいシャンプーをしていない、規則正しい生活を行っていない、食生活が乱れている・・・
などなど、原因はいろいろ考えられますが、長年髪のメカニズムの研究に取り組んできた
株式会社バイオテックのデータによると、「角栓様物質」(かくせんようぶっしつ)が原因だと
いえるようです。
つまりは・・・

【育毛を阻害する「角栓様物質」とは】
1.体の中にある「テストステロン」という男性ホルモンと、毛母細胞中の「リダクターゼ」という酵素が結合して強力な脱毛ホルモン、「DHT=デヒドロテストステロン」ができる。

2.DHT=デヒドロテストステロンが、毛母細胞での髪の生成を妨げる。

3.DHT=デヒドロテストステロンには皮脂腺を刺激する働きがあり、そのため過剰に分泌された皮脂が毛穴の中の古い角質と混ざり合い、「角栓様物質」という大きな塊となって毛穴を塞ぎ、育毛を阻害する。

この脱毛ホルモン「DHT=デヒドロテストステロン」の生成を抑え「角栓様物質(かくせんようぶっしつ)」を取り除き、毛母細胞を再び活性化することが、若年性脱毛を防ぐ一つの方法だと言えるではないだろうか。

  1 2 3 4 5..  次の1件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。