男の脱毛 毛深い男の悩み > 男の脱毛法 > 自分でできるレーザー脱毛


男の脱毛,脱毛法,メンズエステ,永久脱毛,レーザー脱毛
スポンサードリンク

男の脱毛法

自分でできるレーザー脱毛

男の俺でも気になる脱毛法がある。それはレーザー脱毛だ。レーザー脱毛となると自宅ではなくエステに行かなければできないものだと思っていたが最近は自宅でできるレーザー脱毛器があるようだ。
レーザーを使った脱毛は医療レーザーまたはフラッシュランプといった脱毛技術で、ここ10年間で急速に普及し、今やクリニックやエステで行う美容治療の中でも、最も活用されている技術。レーザー光は、黒いものだけに反応する性質を持っているので、むだ毛だけににピンポイントで働きかけることができるのだ。

そんなレーザー脱毛を自宅でも手軽に実践できるように開発された製品がある。医療レーザー脱毛とは違い、むだ毛を作る部分に熱損傷(毛根・毛乳頭の破壊)を起こさないよう出力レベルを下げ、家庭用として安全性にも配慮されたものだ。そのため永久的な脱毛効果はないが、皮膚への負担が少なく、最小限のダメージでむだ毛の再生を遅らせる。さらに、使い続けることで、むだ毛が少なく細くなる効果(減毛効果)をもたらし、むだ毛が目立たなくなってくる。つまり自然に目立たなくなるのでこれこそ男の脱毛にふさわしいものともいえる。
脱毛効果を効果的に得るためには、毛が成長期(毛が生えている期間)にある時にむだ毛処理する必要があり、一度にすべての毛が成長期に入っているわけではないため、同じ部位に繰り返しむだ毛処理する必要がある。レーザー脱毛器も毛周期のサイクルにあわせて6〜8ヶ月間定期的に使用することが、長期的な脱毛効果を得る事になる。

家庭用レーザー脱毛器はクリニックやエステなどの予約を待つ必要がなく、自分の好きな時間に本格的なレーザー脱毛ができ、毛深い肌を人前にさらすことなく脱毛ができるという訳だ。しかし家庭用レーザー脱毛器は8万〜10万円近くの価格とかなり高額だ。日本国内のエステサロンでの脱毛にかかる費用が全身となると100万円を超える場合もあることを考えると家庭用レーザー脱毛器なら十分の一の価格で高いレベルの脱毛が可能な訳だから、長い目を見ればコストパフォーマンスは良いと言えるだろう。

男の毛の濃さは個人差も大きく、部位によっても処理法を変えた方が良いみたいだ。男の脱毛で大切なのはあくまでもさりげなさ。自分らしく程良い清潔感を印象付けるバランスを探ってみてください。どうしても分からない場合は、気の置けない女性の友人や彼女に相談してみるのも手だと思う。

<<自分でできる男の脱毛法 | 男の脱毛 毛深い男の悩みトップへ | わきがとわき毛の関係>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。