男の脱毛 毛深い男の悩み > 男の脱毛 > ヒゲのデザインで男の脱毛


男の脱毛,脱毛法,メンズエステ,永久脱毛,レーザー脱毛
スポンサードリンク

男の脱毛

ヒゲのデザインで男の脱毛

最近はヒゲスタイルの男も市民権を得てきた。大人の男が楽しめる貴重なファッションともいえるヒゲ、使わない手はないだろう。
ビジネスカジュアルの浸透とともに、最近急速に市民権を得てきた感のあるヒゲスタイル。街を歩いていても、意識的に手入れしている男性をよく見かけるようになった。ヒゲはデザインによって「大人っぽさ」「ワイルドさ」「知的感」など、表情に独特な雰囲気を与え、まさに、男が個性を光らせる道具としてフル活用したいスタイルである。

ただし、注意すべきは、センスの良い手入れが絶対条件だということ。伸ばし放題の無精ヒゲや顔に似合わない不自然なヒゲスタイルでは逆に悪い印象を与えてしまいます。このあたりはヘアスタイルと全く同じと言えるのでは。

ヒゲの印象を左右する要素は大きく2つ。まず、どんなデザインにするか?そしてキープするための日頃の手入れがしっかりとできているか?これで決まる。しかし、自分一人でデザインし、手入れするのは簡単ではない。左右のバランスが悪かったりしたらそれこそ台無し。そこで今回はエステのヒゲ脱毛コースをなるものを調べてみました。最近のエステは男性専用のサービスが充実し、特に脱毛に力を入れているエステサロンもあります。プロによる一流のヒゲ脱毛技とは?

エステの無料脱毛にチャレンジ
最近のエステサロンはまず無料体験というものができる。まずは、カウンセリングルームでエステティシャンの方とヒゲのデザインについて相談。脱毛と言っても顔全体をツルツルにするわけではあなく部分的なケアはもちろん、自然な仕上がりになるように間引いたりすることも可能。オーダーメイド感覚でリクエストもでき、自分のイメージを伝えた上で具体的な施術内容を決めていくことができる。

毛のメカニズムに沿って根元から処理
脱毛では毛乳頭の機能を止めるのがポイントとなり、毛が生えるメカニズムについて簡単に説明してもらえます。毛穴にはそれぞれ、毛の根元の窪んだ部分に”毛乳頭”と呼ばれる部分があり、ここから毛母に栄養が与えられ、毛が作られていきます。
エステのヒゲ脱毛では、プローブという毛穴よりも細いチタンなどでできた器具を使い、それを一つ一つの毛穴に滑り込ませ、電気を媒介して、毛の製造工場である毛乳頭を処理していき脱毛する。このやり方は、毛根の働きそのものを止めるから、剃ったりするのと違い、処理をした毛穴からはもう生えてこない永久脱毛なので日々の面倒な手入れの手間から解放されるという訳。忙しい男性にとってはかなりのメリットになると思う。

毛の生えるサイクルに合わせて脱毛する
一年中変わらないように生えている毛も、実は定期的に生え変わっている。エステの脱毛ではまず表面にある毛を処理する。毛には成長期と休止期という毛周期、毛が生えるサイクルがあり、成長期の毛は毛量全体の20%〜40%くらい(体毛の場合)。つまり今実際に見えている毛は全体の三分の一程度ということ。全ての毛が皮膚表面に現れるには個人差や生えている箇所にもよりますが、約6〜18ヶ月程かかると言われている、もし全ての毛を完全に脱毛しようとする場合、その毛周期に応じた期間がかかることになる。ただし、男の脱毛は完璧に無くさずとも5〜7割まで量を減らし薄くするだけでも印象はかなり変わってくる。

エステの無料脱毛体験では、デザインについてはいつも自分で手入れしているものと同様に脱毛処理してもらいました。施術中、プローブを毛穴に挿入し電気を通す際に、一瞬チクッとする痛みはありますが、耐えられる痛みで思ったよりも痛くはなかった。施術中も進み具合を鏡で確認できるので安心。約20分ほどで完成。さすがはプロの技、毛を1本1本丁寧に処理してくれるのでエッジが見事に整いました。施術直後は肌に少し赤みと腫れがでるが、そこはエステサロン、脱毛後の専用ローションなどで丁寧にアフターケアしてもらえます。しかも、処置した部分は剃り跡もなくキレイに。今まではハサミとカミソリで手入れしていましたので違いは歴然。
個人的には満足のいくヒゲデザインとなりました。さすがはプロの技、この仕上がりはセルフケアではなかなかできないはず。
これからヒゲをカッコよくデザインしたいと思う方はぜひトライしてみてください。全く初心者という方でも相談すれば、きっと親切に応えてくれると思います。

<<わきがとわき毛の関係 | 男の脱毛 毛深い男の悩みトップへ | 気になり始めた加齢臭>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。