男の脱毛,脱毛法,メンズエステ,永久脱毛,レーザー脱毛
スポンサードリンク

男の脱毛法

自分でできるレーザー脱毛

男の俺でも気になる脱毛法がある。それはレーザー脱毛だ。レーザー脱毛となると自宅ではなくエステに行かなければできないものだと思っていたが最近は自宅でできるレーザー脱毛器があるようだ。
レーザーを使った脱毛は医療レーザーまたはフラッシュランプといった脱毛技術で、ここ10年間で急速に普及し、今やクリニックやエステで行う美容治療の中でも、最も活用されている技術。レーザー光は、黒いものだけに反応する性質を持っているので、むだ毛だけににピンポイントで働きかけることができるのだ。

そんなレーザー脱毛を自宅でも手軽に実践できるように開発された製品がある。医療レーザー脱毛とは違い、むだ毛を作る部分に熱損傷(毛根・毛乳頭の破壊)を起こさないよう出力レベルを下げ、家庭用として安全性にも配慮されたものだ。そのため永久的な脱毛効果はないが、皮膚への負担が少なく、最小限のダメージでむだ毛の再生を遅らせる。さらに、使い続けることで、むだ毛が少なく細くなる効果(減毛効果)をもたらし、むだ毛が目立たなくなってくる。つまり自然に目立たなくなるのでこれこそ男の脱毛にふさわしいものともいえる。
脱毛効果を効果的に得るためには、毛が成長期(毛が生えている期間)にある時にむだ毛処理する必要があり、一度にすべての毛が成長期に入っているわけではないため、同じ部位に繰り返しむだ毛処理する必要がある。レーザー脱毛器も毛周期のサイクルにあわせて6〜8ヶ月間定期的に使用することが、長期的な脱毛効果を得る事になる。

家庭用レーザー脱毛器はクリニックやエステなどの予約を待つ必要がなく、自分の好きな時間に本格的なレーザー脱毛ができ、毛深い肌を人前にさらすことなく脱毛ができるという訳だ。しかし家庭用レーザー脱毛器は8万〜10万円近くの価格とかなり高額だ。日本国内のエステサロンでの脱毛にかかる費用が全身となると100万円を超える場合もあることを考えると家庭用レーザー脱毛器なら十分の一の価格で高いレベルの脱毛が可能な訳だから、長い目を見ればコストパフォーマンスは良いと言えるだろう。

男の毛の濃さは個人差も大きく、部位によっても処理法を変えた方が良いみたいだ。男の脱毛で大切なのはあくまでもさりげなさ。自分らしく程良い清潔感を印象付けるバランスを探ってみてください。どうしても分からない場合は、気の置けない女性の友人や彼女に相談してみるのも手だと思う。

男の脱毛法

自分でできる男の脱毛法

もうすぐ夏。男だからといってむだ毛の処理を怠っては嫌われてしまう世の中です。
だからといって男がエステに行くのはどうも気が引ける。
脱毛初心者だからいきなり難しい事はできない。まずは気軽に家でできる脱毛・むだ毛処理から初めて見ようと思う。

まずはドラッグストアに行ってみた。ドラッグストアに足を運んでも、やはり圧倒的に女性向けの商品が並んでいる。メンズコスメやボディケアなら買うこと自体平気だが男が脱毛・むだ毛処理グッズを買おうとするのがちょっと恥ずかしい。この段階で二の足を踏んでしまっている。いざとなればネットでも脱毛・むだ毛処理グッズは売っているので店頭で買うのが恥ずかしければネットをりようすればいいだろう。まさかこの段階で苦労するとは意外だった。男の脱毛は意外と難しい。

男の脱毛・むだ毛処理だが

さりげなく適度な処理が鉄則

毛深い腕、目に付きやすい腕のムダ毛、黒々とした長い毛には要注意。昨日まであったむだ毛が一夜にしてつるつるだと逆に気持ち悪く思われる。男性にとってむだ毛処理と言えば、顔の髭剃りと同様にカミソリで”剃る”ということをまず考えるかもしれないが、脚や腕など部位によっては完全にNG! 男のツルスベ肌状態はかなり不自然だ。男の脱毛・むだ毛処理はあくまでも、程良いさりげなさが大切だ。

また、毛深いと言っても実は毛の量そのものが多いというわけではなく、毛が長く太いことで”黒々と見えてしまう”ことがほとんど。しかし、自分ではさみを使ってカットしたり、毛抜きで1本1本抜くという作業は非現実的、しかも痛い!!やり方によっては毛穴や周辺の皮膚にダメージを与えてしまうから注意が必要だ。
そこで男のむだ毛処理初心者にはブリーチがおすすめ。
すね毛も見逃さず女性に「ストッキングをはいているみたい」などと言われないように!
そこで、脚や腕など比較的密度の濃い部分におすすめなのが、ブリーチ(脱色)。ブリーチすると毛が肌の色に近づき、見た目に目立たなくなる。しかも仕上がりが自然。家庭用の脱色クリームなども売られているので、特にテクニックなどを必要とせず誰でも簡単にブリーチできる。ただ時間を置きすぎると金髪状態になりコレまた不自然になるので説明書にある時間は守ってブリーチしよう。

次に、手の甲、手足の指の関節など毛量が少ない部分には除毛クリームを使うのが簡単で効果的だろう。クリームを塗った部分のムダ毛を簡単に一掃できる。ただし皮膚の弱い人は肌に多少刺激を感じる場合があるので、説明書をきちんと読んでから正しい用法を守るようにしよう。
脱毛で効果を長持ちさせる方法もある。

背中など、自分でも普段意識し辛く手入れしにくい部分は脱毛してしまうという手もありだ。処置時には痛みがあるが、仕上がりがきれい。また、ムダ毛を毛根から抜いてくるので、除毛したり、剃ったりするよりも新しい毛が生えてくるまでに時間がかかり、対策効果が長持ちするので、頻繁にケアする必要がなくなる。脱毛ワックスや脱毛テープを利用して脱毛するのだが抜くのは変わりないので痛いは痛いが一度に抜けるので毛抜きで一本ずつよりマシである。男だからといってガムテープなんかでやるなよ。それはただの罰ゲームだ。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。